栗の美味しいゆで方・保存方法
スポンサード リンク

栗の簡単なゆで方

では、栗のゆで方をご紹介しましょう。圧力鍋を使ったゆで方、はたまたレンジを使ったゆで方なども知られていますが、まずは普通の鍋を使ったゆで方から。時間は一番かかりますが、特に難しいことはなく簡単に出来ます。

また鍋さえあれば良いので、調理器具の揃わない一人暮らしの方でも簡単。おすすめの方法です。

1.洗った栗を、全部浸かるくらいの水に入れて、半日から一日ほど置いておく。
2.鍋に栗・塩適量・栗が浸るくらいの水を入れ、火にかける。
3.沸騰したら弱火にし、約50分間ゆでる。栗がお湯の中で踊らないように注意し、途中数回混ぜると良い。
4.火を止めたら、お湯が充分に冷めるまでそのままにしておく。

ゆでる前後に漬け置きタイムがあり、全体としては二日ほどかかる事になりますが、ごくシンプルな道具で出来るのが嬉しいところです。ポイントとしては火加減に気をつけるだけなので、実に簡単なゆで方です。

また、お湯が自然に冷めるまで待つことで、簡単においしい「しっとりゆで栗」を作ることが出来ます。好みにもよりますが、ゆで上がりがあまりパサパサしていると食べにくく、風味も劣る気がします。

ただ、「しっとりより、ホクホクした食感にしたい!」という方もいらっしゃると思いますので、その場合は早めに栗を引き上げましょう。

簡単・シンプル・どこのご家庭でも可能な栗のゆで方ですが、日頃目が回るほどに忙しい、という方にはちょっと難しいかもしれません。ゆでた後は皮をむく作業も必要ですし、食卓に出すまでのトータルの時間を考えると、他のゆで方のほうが良いかもしれませんね。



スポンサード リンク