栗の美味しいゆで方・保存方法
スポンサード リンク

栗の保存方法

栗の保存。おいしい栗を食べるうえで、ゆで方よりも重要なポイントかもしれません。

実は保存の仕方ひとつで、栗の味には大きな違いが出るのだとか。「おいしいゆで方を勉強し、その通りにしたけれど味はいまいち・・・」という場合、保存方法を見直してみると良さそうですね。

まず、栗はあまり常温でおいしく保存出来るものではない、ということを覚えておきましょう。硬い皮に守られてはいますが、時間が経つと水分が飛び、どうしても風味は悪くなります。保存には冷蔵庫を活用するのがおすすめです。ご自宅の冷蔵庫の仕様や、調理予定等に合わせて、お試しになってみてください。

普通の冷蔵室なら約1週間、チルド・パーシャルなら約1ヵ月保存出来ます。冷凍室では約半年持つそうです。いずれも栗を洗い、水気を切ってビニール袋に入れてから、冷蔵庫へ入れます。

普通の冷蔵室でもっと持たせたい場合は、塩を入れた水に10時間ほど浸してから入れてもOKです。新聞紙等に広げてしっかり乾かしてから、小さな穴をたくさん開けたビニール袋に入れるのが良いようですね。約2ヶ月保存可能です。

チルド・パーシャル保存では栗の糖分が1ヵ月で3〜4倍に増えるそうです。栗きんとんや渋皮煮など、栗の甘さが欲しいレシピの時にはうってつけです。

ちなみに、厳選した優良品種の栗にこの低温処理を施したものが、現在ブランド栗として商品化されています。「甘い栗に目がない!」という方には、是非そちらもお試しいただきたいですね。



スポンサード リンク